お知らせ
都合により、9月〜11月の間水曜日も休診とさせていただきます。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、宜しくご了承下さい。
(※祝日のある週の水曜日は診療させていただきます。)
☆☆☆★☆★☆☆☆★☆★☆☆☆★☆★☆☆☆★☆★☆☆☆
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆
動物看護士さん募集!!
ワンちゃんネコちゃんが大好きな動物看護士さんん募集!!
詳しくはともだ動物病院内坂本にお問い合わせ下さい。
猫(泣)猫(怒)猫(笑)猫(足)犬(泣)犬(怒)犬(笑)犬(足)エサホネフンヤギクマ
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆

2010年06月01日

喉頭麻痺

先日、ラブラド−ル・レトリバー(13歳・♀)が、2年程前から声が出なくなり、呼吸困難がだんだんひどくなってきたと言うことで来院されました。確かにちょっと動いただけでチアノーゼ(舌が紫色に)をおこし、とくに息をすうときにヒューヒューと苦しそうな状態です。
高齢の大型犬と言うことで喉頭麻痺を疑い、軽く麻酔をかけ、のどの検査をしました。
思った通り期間の入り口が息を吸う時も吐く時も麻酔しペタッとくっついたまま(正常なら息を吸う時に開き、吐く時に閉じるのです)だったのでこの病気を診断しました。
喉頭麻痺は、大型犬・超大型犬の高齢犬がかかる後天性の病気です。とくにラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバー、アイリッシュ・セッター、セントバーナード、グレート・ピレニーズ、シベリアン・ハスキー、ダルメシアンなどはかかりやすい犬種です。
典型的な症状は、犬が息を吸うときに特徴的なうなりのような雑音が聞こえます。そしてそれは運動中や運動後がひどいです。
もう一つの特徴は、吠える声が弱まることでやがてしわがれた小さな声になります。
治療は、気管を広げるためにほ施される手術が多く有りますが、今回は、首のところを切開し、抜裂軟骨側方化術という方法で行いました。
翌日より呼吸はずいぶん楽になり、食事も喜んで食べてくれました。
ラブラドールの13歳は、とっても高齢です。呼吸がしずらくとてもきつい思いをしてきたでしょう。快適に少しでも長生きしてほしいものです。

by.院長




画像をクリックすると動画を見ることが出来ます。
※セキュリティー警告が出た場合は、開くをクリックし一覧からプログラムを選択するにチェックを入れてOKでWindows Media Playerを選らんでOKして下さい。



ニックネーム tokuchan at 11:52| Comment(1) | 医療日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私のラブラドールも同じ喉頭麻痺で苦しんでいます…
とても参考になりました!
ただ心臓肥大があり手術に耐えれないといわれ手術ができずにいます。
少しでもきつくいようにするほ方法などはあるのでしょうか?
Posted by uru at 2013年04月14日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。