お知らせ
都合により、9月〜11月の間水曜日も休診とさせていただきます。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、宜しくご了承下さい。
(※祝日のある週の水曜日は診療させていただきます。)
☆☆☆★☆★☆☆☆★☆★☆☆☆★☆★☆☆☆★☆★☆☆☆
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆
動物看護士さん募集!!
ワンちゃんネコちゃんが大好きな動物看護士さんん募集!!
詳しくはともだ動物病院内坂本にお問い合わせ下さい。
猫(泣)猫(怒)猫(笑)猫(足)犬(泣)犬(怒)犬(笑)犬(足)エサホネフンヤギクマ
☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆

2017年12月08日

悲しいお知らせ

皆様に悲しいお知らせをしなければなりません。


S_7111419185567.jpg


ツートン(病院の駐車場や、玄関前にふてぶてしく寝ていた白黒の猫)が
10月25日に亡くなりました。2015年の11月に我が家に入り込み、その時が
推定1歳だったので、たった3年の短い生涯でした。


S_7111411126697.jpg



10月22日(月)、「今日は珍しく外に出ないな」と思っていたところ、夜10時頃になって明らかに普段と様子が異なり、(きつくて動きたくない感じ)、急いで診察をしてもらいました。
まだ3歳と若く、前日まで全く元気だったので、まず、交通事故や落下などによる外傷がないことを確認し、FUS(オス猫特有のおしっこが詰まる病気)でもなかったので、一晩点滴をして様子を診ることになりました。
ところが、翌朝詳しい検査をすると、なんとDIC (注1 参照)を起こしていたのです。
それから、どんどん衰弱し、3回の輸血もむなしく、木曜日の夜、私に頭を撫でられながら息を引き取りました。一体、ツーの身に何が起こったのか、訳が分からず、解剖して確認してもらうと...
片方の腎臓は、極端に委縮し、肝臓は変色してカチコチになっていました。
病変を検査センターに送り、病理検査をして得られた回答は、「リンパ腫」。
仕事柄、リンパ腫の猫は沢山見てきましたが、こんなに展開の早い例は初めてです。
もしかしたら、ぎりぎりまで元気な姿を見せてくれていたのかもしれません。
「あの太った猫は最近見ないけど、どうしたの?」と気に懸けて下さる方も多く、もっと早くご報告しなければならなかったのですが、自分でもびっくりするほど
私の心のダメージも大きく、やっと今になって詳細が報告できた次第です。
(実際、これを書いている今も涙、涙ですが...)
私の枕の上で、大の字になって熟睡する姿。


S_7111405154385.jpg



寒い日には、エアコンの温風の真下で万歳をして寝る姿。
近所に回覧板を届けに行くと、まるでワンコのように喜んで後をついてくる姿。
外出から戻ると、「おかえりなさい」と言わんばかりに駆け寄る姿。
抱っこすると、ヘッディングをするがごとく、頭を押し付ける姿。
病院の玄関で、誰が来てもびくともせず、ふてぶてしく寝転ぶ姿。

S_7111409338476.jpg




思い出すたびに愛おしく、涙が止まりません。
ツー、たった2年間だったけど、本当に楽しかったね。
ツーのいなくなった今では、枕が広すぎて、かえってよく眠れません...

注1) DIC: 播種性血管内凝固症候群
様々な重症の基礎疾患のために、過剰な血液凝固反応活性化が生ずるため、生体内の抗血栓性の制御機能が十分でなくなり、全身の細小血管内で微小血栓が多発して臓器不全、出血傾向のみられる予後不良の病気





S_7111406642172.jpg








by.ともだ奥

ニックネーム tokuchan at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物看護士(スタッフ)の日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4245991
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック